ペレットストーブが作り出す「癒しとくつろぎの空間」

ペレットストーブと癒しの空間

「最近、どれだけ寝ても疲れがとれない。」「せっかくの休日、身体が重くて出かける気にもならない・・・」といったことはありませんか?

大抵の人は身体が疲れていると思われているはずですが、実はそれ「脳」が疲れているのかもしれません。

最近、身の回りには便利なものが溢れています。その代表格がスマホやパソコン、テレビなどです。

これらのデジタル製品から放出される電磁波やブルーライトが「脳の疲労」を引き起こす原因となっているのです。あなたの周りにはいくつありますか?

疲れた心と身体を癒すために、デジタルを離れてアナログに癒しを求める人が増えています。

何かと疲れることが多い現代社会。ペレットストーブの魅力である「遠赤外線によるリラックス効果」や「炎の揺らぎ」による癒し効果を、ぜひ試してみてください。

・遠赤外線が持つ効果とは
身近で遠赤外線の効果を実感できるのが「お風呂のサウナ」です。サウナ発症の地であるフィンランドでは、古くから遠赤外線の持つ健康増進効果が謳われてきました。

遠赤外線が持つ健康増進の効果は科学的にも実証されており、多くの医療現場で温熱療法に活用されています。

・血流が良くなり、血がサラサラになる。
・老廃物の排せつが促進される
・細胞の代謝が良くなる
・体の芯から温まる
・一度温まると冷めにくい

などが遠赤外線の効果として挙げられます。

また、ペレットストーブの本体に使用される鋳物やセラミック素材は、熱を持つことで強烈な遠赤外線を放出します。

そのため、家の中にいても陽だまりの中にいるような暖かさを感じられるのです。

・ペレットストーブの火が持つ「癒し効果」
火の揺らぎを見ていて、心が落ち着くと感じたことはありませんか?

火の揺らぎが持つ「癒し効果」には、ちゃんとした科学的根拠が存在するのです。

「1/fの揺らぎ」と呼ばれるもので、火だけではなく、さまざまな物質や音にこの「1/fの揺らぎ」が存在します。

生体のリズムは基本的には1/fゆらぎをしていると分かり、 この1/fゆらぎは 快適性と関係があることが判明している。 人間の生体は五感を通して外界から 1/f ゆらぎ を感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられている

例えば、不規則さと規則正しさが調和した木目。小鳥のさえずりや小川の流れる音。波打ちぎわのザザーという音。

これらはすべて「1/fの揺らぎ」効果を持っています。

火の揺らぎも同様で、規則性と不規則が調和した揺らぎが、人の心を癒す効果があるといいわれています。

ペレットストーブの「遠赤外線効果」と「火の揺らぎ」が持つ効果で、ご自宅に最高のリラックス空間をつくられてはいかがでしょうか?